街のどこかに

雑記です。私が日々感じてることを綴ります。

サマータイム、実現なるでしょうか

サマータイム導入が現実になるかもしれませんね

 

1~2時間とありますが、個人的には1時間の方が影響が少ないのでは・・・と思います。

 

かなり前のことですが、日本でもサマータイムを・・・って話が過去にあったんですよね。だけど、システム関係や労働時間の関係など問題が山積みで、結局実現には至らなかったようです。

 

サマータイムが導入されると、その分早出勤が出るだろうから、日本人の悪い癖で、遅くまで残ってしまうのではないか・・と不安があったようです。

 

今は過去に比べたら残業に関しては随分見直されていますが、それでもまだブラックは多く存在してますもんね。大丈夫かなーと思ってしまいます。

 

そもそもこのサマータイムの導入計画は、オリンピックに合わせるために早急に進められるみたいですね。オリンピックって、もう2年ないのに、今更なんで始めるのよー??

 

私たちの生活にだって影響はあると思うけど、多くのシステムにかなりの影響が出ますよね。まあ、今のテクノロジーの進歩ならやっていけるんでしょうけど(現にサマータイムの実在する国は多いし)・・・

 

夏に早くから行動できるのは嬉しいけど、やっぱり、何か起こるんじゃないかと心配になります。

 

この検討案がどうなるのか・・・気になります!

ノンワイヤーのブラジャー

数年前にユニクロで買ったノンワイヤーのブラジャーがすごく心地よくて、以来ブラジャーは全てノンワイヤーになりました。

 

ただ、ここ1,2年で気づいたのが、ユニクロのノンワイヤーブラジャーの質が落ちたということ。

 

アンダーも伸びやすくなったし、固定力もイマイチに感じます。定番の同じものを買ったので、間違いないと思います。

 

だから、ユニクロのノンワイヤーブラジャーは昨年で買うのをストップしました。

 

今は、ウイングとグンゼを中心に買っています。ウイングはワコールほどではないけど、やっぱりそれなりに値段するだけあってか、質がいいです。

 

バストの包み込みもいいし、空洞もできない。締め付けないのにバストをしっかり固定してくれます。

 

グンゼはほんの少しだけウイングより落ちますが、それでも固定力はユニクロより全然あります。値段はユニクロと大して変わらないか少し高いくらいなのに。

 

この前デザインが気に入ってサン〇で999円で買ったノンワイヤーブラジャーは全くもって問題外でした(汗)。デザインに騙されてはいけませんね。。

 

この時期は暑いけど、ノンワイヤーは結構楽だし、今はノンワイヤーでも薄めの生地のものなどが出ているので、そっちも試してみようかと思っています。

 

ワイヤー入りはもう一生使わないと思います。

ウイスキーや焼酎かあ~

あれからアルコールと尿意の関係性を調べ、私の好きな赤ワインやロゼ・白ワイン、梅酒にはカリウムが結構含まれるということが分かりました。(赤ワインなんてダントツで他のアルコールより多いです!)

 

カリウム、というのはお酒に含まれ、簡単に言えばこのカリウム摂取が多ければ多いほど、尿意が近くなるんだそうです。

 

実はお酒だけでなく、チップスやナッツ類・枝豆などの定番おつまみもカリウムが含まれるので、これらを食べながら飲んでいるとダブルパンチのようです(泣)。

 

これらを考えると、「それでも飲みたいー!」って場合は、飲むもの・おつまみを選んで楽しめば、トイレに頻繁に行くこともなくなると思います。

 

それじゃあ、カリウムの少ないお酒は?と調べると、ウイスキー、ブランデー、そして焼酎が並びます。

 

いつも焼酎を飲む私の父、そしてブランデー好きの夫・・・だから全然トイレ行かないんですね(汗)。

 

私もそこらの域に踏み込むかどうするか・・・正直ブランデーは夫の影響もあってかろうじて飲めるけど、焼酎やウイスキーはちょっとキツイなあ。。

 

それに、せっかくのこの暑い時期、ゴクゴクっと飲めないのは気分的に辛くないですか?!

 

まあ、ゴクゴクっと飲む=ビールとかなんで、結局は高カリウム・・・

 

結局未だに白ワインちびちび飲んでます。ウイスキーなどに手出しするのはもう少し先になりそうです。

お酒好きだけど

暑さが増して、ビールや冷たいお酒が美味しくなりましたね。

 

私自身も、昔ほどではもう飲めませんが、この季節にキーンと冷えたお酒を飲むのが大好きです。

 

ただ一つの悩みを除けば・・・

 

それは、トイレ問題(汗)。

 

若い頃はそんなこと殆どなかったのに、ここ数年、お酒を飲むとトイレの頻度がすごく増え、夜も寝ているときに1度トイレに起きることが多々あります。

 

ビールやワインを止めて違うお酒にしたり、早い時間、それはもう8時とか9時には飲酒をストップさせているのに、それでも頻尿です。

 

体の問題はないと思うんですよね・・・飲酒しなければ頻尿にはならないので。本当に、飲酒をした日だけ。

 

これはやっぱり、加齢による新陳代謝の低下が関係しているのだとしか思えません。。

 

それとも、お酒を止めろとも?

 

量を減らすことは難しいです・・・だって、そもそも普段から飲む量は缶ビールであれば1~2本分だけです。それだけですよ?それだけであんなに頻尿になるって・・・私、どうかしてるのかな?

 

だけどやっぱり、暑い時の冷たい梅酒やクールワイン・・・最高なんです。

 

毎日飲み続けてたら、腎臓が慣れてくれる・・・かな??まだまだ夏は長いので、飲まずにはいられないのです~

火照り隠しに・・・

火照りで顔が赤くなるって、ファンデでも隠しきれないし、恥ずかしくないですか?!

 

私は、昔から火照りで頬が赤くなるので、火照りが起こる時期(主に春夏)だけ、下地には気を遣っています。

 

気を遣う、というのは、下地は普通の下地ではなく、色味の入った、ベースから顔色をコントロールできる下地を使うのです。

 

昔はグリーンを使っていたんですが、肌が妙に不自然になる・・・と思ったら、私のようなオークル系の色の肌にグリーンを使うと、不自然な色になるみたいですね。

 

グリーンのベースは色白の肌に適していて、私のようなオークル色にはイエローのベースが合うようです。

 

ということでイエローを使ったら、マッチしました(笑)。以来、コントロールカラーのベースを使うときはイエローを使っています。

 

使うベースは特にこれと言うものはなく、いつも使うときに気分で買うんですが、今使っているイプサのものはなかなか良いと思いました。

 

保湿効果もあるのか乾燥も防いでくれるし、そして赤みもカバーしてくれます。完全カバーとはいかないけど、何も使わないよりは肌色が整うし綺麗になります。

 

その後はファンデつけるかフィニッシュパウダーを使うか、それはその日の予定次第です・・・

 

が、ベースはやっぱり大切!!

ネットって、本当に便利

インターネットが普及して、事件が起こったりとネガティブなこともあるけど、その反面、もちろんポジティブなこともあります。

 

私が日々「助かるなあ」って思うのが、買い物。

 

オンラインショッピング。

 

実際に目で見て触ったりして確かめられませんが、過去に使ったことのある商品だったりすればもう知っているので、オンラインで買ってしまったほうが楽だし安いことが多いです。

 

この週末に本当に助かったのが、母の靴ショッピング。いつもメレルの靴を愛用してウォーキングに励む母ですが、もちろん地元にお店はないので、運転して2時間弱くらいかかるショッピングモールかアウトレットモールに行かないといけなかったのです。

 

それを過去に数回やっていた私ですが、今回はオンラインで買っちゃいました。

 

もう、メレルでどのデザインでどのサイズというのを把握しているので、それで検索して購入。5分くらいで終わりました。

 

届くのは明日です。母は楽しみにしているようです。

 

2時間弱かけて運転して行く必要がないのは、大きいです。しかも、行ったところで母のサイズがあるかもわからないので。

 

ほんとに便利だな~~と痛感(笑)。

 

だけど、やっぱり知らないものはなかなか買う勇気がでませんね。服とかアクセとか、やっぱり写真は綺麗に撮られているだろうから、「これ素敵!」って買っても実物見てがっかりする可能性もありますもんね。返品するにも、送料支払わないとだし。サイズだって、自分のサイズを知っていても、実際は難しいです。

 

ま、そんなネットだけど・・・上手く使えば本当に便利なものだと思いました!

パーキンソン病の治療の進歩

パーキンソン病の治療が進歩しています。

 

これは、私にはすごく有難いニュース

 

と言うのも、前回ちょっと書きましたが、私の母もパーキンソン病だからです。

 

発症は2~3年くらい前。結構早い段階で気づいたので、対応も早くでき、今でもまだ最初の症状のみですんでいます。良くなることはないけど・・・

 

薬も進歩していますが、自分に合うのを見つけるのは本当に大変なようで、母が最初に飲んだ薬は副作用が酷く、数か月間、毎日毎日苦しんだようです。

 

その後同じパーキンソン病の人から「この病院がいいよ」と聞き、そこへ行って違う薬を処方してもらったところ、副作用がなく症状も抑えられたようなので、以後それをずっと服用しています。

 

あとは、この記事にもあるように、毎日エクササイズを欠かさずしているようです。

 

家事もエクササイズの一環なので、よほど体が疲れていない限りは、ちょっと辛くても家事をやっているそうです。傍で見ている父は辛いようですが(やってあげたい気持ちになるようなので)。

 

なので私が実家へ遊びに行くときも、今まで家事を率先してやっていましたが、今は母の状態を見て、良好ならあえてやらないようにしています。

 

母の病状が今は落ち着いていても、今後のことは誰にも分かりません。寝たきりにはなりたくないとがむしゃらに頑張っていますが、それを見るのもたまに辛いです。。

 

これ以上悪化しないようにと祈りつつ、医学のさらなる進歩を願っています。